FC2ブログ

衝動の倉庫

『心に潜む衝動』 『それを満たすための行動』 『自分の衝動の果てを記録するための倉庫』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

医療プレイが好きです。

医療プレイが好きです。

基本的にMなんで、SM的な女王様であったり奴隷であったりペットであったりと言うのも好きなのですが…


根本的に医療プレイが好きなのです。

患者と医師または看護師と言う関係。
治療行為と言う逆らう事の出来ない行為。

この二つの要素が大好きなのです。

治療と言う名のもとに
無理やり拘束され、開口器を嵌められ満足に声を出す事も出来なくなり、剃毛され、
導尿され、浣腸され、空気浣腸でお腹を膨らまされ、クスコで肛門を拡げられ、
指が1本、2本と入っていき、最後には腕を入れられ、乳首や亀頭に針を刺され、
お薬だからと言って聖水や自分が出した精液を飲まされ、
生理の血が浸み込んだタンポンを吸わされ、食べるお薬だと言われて黄金を食べされられ。

そう言った事が大好きなんです。

そんな訳で何が言いたいかと言えば医療プレイに飢えています。

憧れは重症患者として、入院と言う名目で監禁されて、上記の様な治療を繰り返し受ける事なんです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:医療プレイ - ジャンル:アダルト

  1. 2013/08/19(月) 15:57:20|
  2. 医療プレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歯医者

先日20年ぶりに歯医者へと行きました。

医療プレイ好きで医療プレイを求めるきっかけになったのが子供の頃の歯医者での治療だった為に歯医者自体は大好きなのですが…。

なぜか20年以上足を運ぶ事がありませんでした。

多分、歯医者に抱いている幻想を壊したくなかったのかもしれません。

初恋の人に再会してがっかりしたくない様な気持ちでしょうか?(笑)


しかし現実問題、虫歯の痛みがひどくなって日常生活に支障をきたした為に意を決して歯医者に行った訳です。

それにしても20年の歳月は大きすぎました。


歯医者での治療と言えば消毒液の独自な香りの中、歯を削る高音と痛み、泣き出し暴れ出し無理やり抑えつけられ、拘束され「男の子でしょ!泣かないの!」と叱られたり…

そんな幻想を抱いているのですが…

30過ぎた大人が泣くわけにもいかず、昔より治療方法が進化したのか痛みに鈍感になったのか治療も思ったほど痛くなく…。


期待はずれな結果に終わりました。


本当は泣いて暴れて拘束されて治療されたいのですが…
大人にそんな治療をしてくれる歯医者なんてありませんよね?

何か良い方法はないのでしょうか?(笑)


とりあえず、ドSな女医さんがいる歯科医院があれば最高なんですが…。
  1. 2012/04/05(木) 11:24:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身体の中に手が入る感覚

およそ一年前、2010年6月18日。

初めてアナルに人の拳を入れていただきました。

それはとても熱く、自分の体内に手が入っていると言う充足感で涙が出るような体験でした。


思えば初めてSM倶楽部に行った時、簡単に指3本まで入り女王様に素質があるねと褒めていただいたのが始まりでした。

それから13年、SM倶楽部やM性感そして医療プレイのお店へと通いましたが指3本以上はなかなか厳しく、自分にとってアナルの拡張は夢のような事柄でした。

それはここ数年、定期的に医療プレイのお店に通院するようになっても変わりませんでした。

それでも繰り返し治療を受けアナルを治療してもらっていくうちに、いつからかアナルフィストと言うものに取りつかれいつか自分も身体の中に誰かの手を受け入れたいと言う思うようになっていました。

そんな訳である時、ナースにアナルフィストを出来るようになりたいですとお願いしてしまったのです。


それから治療の中でアナル拡張をしていただくようになりました。

とは言えすぐにそんなに広がるものでもなく、自分でも4センチのプラグを入れ自宅療養をすることにしました。

指が5本までは入るのですがなかなかその先に進めません。

手の一番広い部分がなかなか受け入れる事が出来ずに何回かの治療は終わりました。


それでも希望を伝えてから半年後その日が来たのです。


その日もいつものように治療は始まりました。

内診台の上に拘束され、剃毛をされ、繰り返し浣腸液が入り、身体の中をきれいにし、そしていよいよ拡張です。


この日も5本までは簡単に入ったのですが、やはり一番広い部分がなかなか入りません。

苦しくて苦しくて逃げ出したくなります。

しかし、
両手両足は皮ベルトで内診台に固定されているために逃げる事は出来ません。


身体が壊れてしまうような感覚に陥り、自分でも気付かないうちに大声を出してしまいます。


ナースからの「もうちょっとだからがんばって!」と言う励ましや、腰が自然に逃げようとした時のお叱りの言葉を受け、これは自分が望んだ治療なんだからがんばらなければと自分に言い聞かせます。

そして何度目かの挑戦で…


アナルの周りが急に熱くなったと思った瞬間…


それは体内へと受け入れられていました。


初めはあまりの混乱と人の手が入ってしまった怖さで呼吸は乱れ身体の奥から沢山の感情が溢れだしてきました。
頭の中は真っ白です。

意識は飛んでいたかと思います。

ナースの「はい、深呼吸をして~」と言う声に合わせて呼吸を整えていきます。
時間がたちだんだんと身体が慣れてきたので改めて自分の下半身を見てみると…

しっかりと飲み込まれているナースの腕。

そのぬくもりを身体の中で感じ、またその達成感で身体が震え込み上げてくるものがありました。

そして初めてのアナルフィストが長年お世話になっているナースだったこともとても嬉しいものでした。


こんな感じで初めてのフィストを体験した訳ですが最後にナースから言われた「フィストは入ったら終わりじゃないからね~」と言う一言がこれから先に待つ治療を想像させ、怖くもあり楽しみにもなりました。

テーマ:医療プレイ - ジャンル:アダルト

  1. 2011/05/21(土) 23:12:34|
  2. 医療プレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明日

久しぶりのブログ更新です。
明日治療に行ってきます。

ブログを更新してなかったので久しぶりの医療プレイかと言えばそうでもなく、だいたいニヶ月に一回のペースで通院してました。

本当は月一で通院したいのですが…

なかなか忙しく行けないのが現状です。


と言いながら前回の治療は二週間前だったので今回は今月二回目の医療プレイです。

予定外だったのですがプライベートで色々ありどうしても衝動を抑えきれずに予約してしまいました。


それにしてもブログ更新が途絶えてから色々な事がありました。

アナルフィストが出来るようになったり(まだまだきついですが…)生理中のタンポンを口の含んで吸ったり、女性用の下着や服が増えて行ったり、街中でオムツにお漏らしをしてしまったり…


明日の治療内容と一緒にまたその辺の話も自分の記録用に書き記していけたらと思います。

それではまた。

テーマ:医療プレイ - ジャンル:アダルト

  1. 2011/05/21(土) 10:54:15|
  2. 医療プレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女装が加速する

3月に初めて女性用の洋服を買ってしまった事について書きましたが、あれから4ヶ月…

衝動はさらに速度を増しています。

あの日は下はジーパン、上は膝より少し上の丈のキャミソールのワンピースにまだ寒かったのでジャケットを上に着てジャケットの裾からキャミソールのひらひらした裾が見えているくらいだったのですが…。

5月にいつものように医療プレイのお店に治療をしていただきに行く際にとうとう次の一歩を踏み出してしまいました。

その日は雨だったのですが、
3月の時と同じようにジーパンにキャミソールのワンピース、そしてその上にパーカーを羽織ってお店に向かいました。

そしてジーパンの下にはオーバーニーソックスを履いてました。

最寄りの駅に予約していた時間より少し早めに着いたので駅の近くのスーパーを散策して時間をつぶしました。

パーカーの前にジッパーは上へとあげワンピースの裾はパーカーの下へと入れてあるので外見からは女性物の下着を履き、オーバーニーソックスを履き、さらに花柄のキャミソールのワンピースを着ているなんてわかりません。

平日の昼間のスーパーとは言え結構人がいて「もしばれたらどうしよう」と思うと鼓動が高まります。

まわりの目を気にしながら歩きます。

しかし次第にその恥ずかしい姿を見られたいと言う想像が頭を支配しそのイメージが消えません。

そしてついに…

男子トイレに駆け込み個室に入ると鍵を閉めパーカーのジッパーを降ろしました。

ワンピースの裾がひらりと舞い下がります。

そしてジーパンを脱ぎ鞄へと仕舞います。

するとそこには…

化粧もなにもしていない、髪もたいして長くない
体型もあからさまに男

それなのに

花柄のキャミソールのワンピースを着て、オーバーニーソックスを履いた男がいました。

そんな格好になったはいいもののここは男子トイレ。

外に出る際に誰かに見られたら大変です。

そんな訳で個室のドアを少しだけ開けて誰もいないの確認し急いで外に出ました。

トイレを飛び出し、足早にスーパーの出口を目指します。

恥ずかしくて恥ずかしくて顔を上げられません。

スーパーの外口にたどりつき傘をさして外に出ます。

外気がワンピースの下から吹き込んできます。

初めて体験する下半身を吹き抜ける風がとても恥ずかしく足が震えます。

時間はちょうど予約していた時間が近付いていたので
その格好のまま傘で顔を隠しお店へと向かいます。

歩いている時はいいのですが、信号待ちで止まると周りの人たちに見られている様な気がして頭がおおかしくなりそうでした。

途中、すれ違ったサラリーマンには2度見され
何かを確認されてしまい本当に恥ずかしくてどうにかなってしまいそうでした。

自分の性癖としては女性になりたいとか女装したいと言う気持ちは少なく
誰かに女装を強制されたいと言う気持ちが強いので、
この日もとても恥ずかしかったのですが、これも治療の一環で、
病院に向かう時はこんな恥ずかしい格好で行かなければいけないんだ。
と言う気持ちでした。

そう考える自分にとっての理想の女装と言うのは女性に強制的に女性用の衣服の着用を命じられ逆らう事も出来ず着用し、それで外出して恥ずかしい思いをしたいと言うものなのかもしれません。

そんな衝動を叶えてくれる人がどこかにいれば良いのですが
簡単に見つかるはずもなく、
結局、自分で妄想に助けてもらいながら女装癖が加速してしまった訳です。

この日は結局10分弱の外出体験だった訳ですが、足が震えるほど恥ずかしかった割にはあそこはものすごく興奮しており、あとでパンツを見てみると信じられないくらい濡れていました。

そしてどうにか辿りついた医療プレイのお店で温かいナースの笑顔に迎えられ、
かわいいねの一言に涙が出そうでした。

この後、女装癖はさらに加速するのですがその話はまた…。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. 2009/07/29(水) 19:59:35|
  2. 性癖について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

はまぐり

Author:はまぐり
36歳男
子供の頃に歯医者の治療中に性的興奮を覚えて以来、自分のM的資質に目覚める。
自分の求めるものを確認するために今は医療プレイのお店に通う日々が続いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。